YouTubeチャンネル(ブランドアカウント)の新規作成と削除の方法

YouTubeチャンネル(ブランドアカウント)の新規作成と削除の方法

ども、ikarushです。

突然ですが、YouTubeアカウントをGoogleアカウントのままで、新規チャンネルを作成された方はいませんか?

はい! それは私です!

そのような方の場合、ちょっとした問題点があるのです。

YouTube動画を視聴するだけなら特に問題ないです。
問題があるのは、自分で動画を作って投稿もするユーザーの場合です。

という事で今回は、

  • YouTubeのチャンネルをGoogleアカウントのままで使う場合の注意って何?
  • YouTubeの新しいチャンネルの立て方が知りたい
  • YouTubeのチャンネルの削除方法も教えてほしい

こんな疑問が解決する内容をお伝えいたします。

※チャンネルの新規作成・削除方法のみ確認したい方は、目次から新規作成・削除の項目にお進みください。

YouTubeチャンネルの新規作成と削除の方法

そもそもの話、なぜYouTubeのチャンネルをGoogleアカウントのままで使ったら問題があるのか

まずはその話から解説します。

YouTubeはGoogleが提供するサービスのため、基本的にGoogleアカウント(example@gmail.comみたいなメールアドレス)をお持ちの方であれば、動画の視聴やチャンネル登録が出来ます。

また自身のチャンネルを作成すれば、動画の投稿や再生リストの新規作成などが可能になります。

そのため私も特に疑いなく、動画投稿をしてチャンネルに動画を載せていたのですが、この状態のままチャンネル運営をすると以下のような問題が発生します。

Googleアカウントで新規作成したYouTubeチャンネルで運営する場合の問題点
・チャンネルの名前がGoogleに登録した氏名になってしまう

・チャンネルのURLがGoogleアカウント(Gmailのメールアドレス)になる

・作成した再生リストと登録した再生リストがチャンネルに表示される

ちなみにチャンネル名は変更が可能
また再生リストも非表示設定にする事で回避できますが、URLの変更は出来ません

このような問題を回避するため、チャンネルの新規作成(正確にはブランドアカウントの新規作成)を行います

YouTubeの新規ブランドアカウントを作成する方法

まずは通常通りYouTubeにアクセスします。

なお最初の方法は2通りあり、どちらを選んでもらってもOK。

1つは左側にならぶメニューバーの下の方にある設定をクリック
もしくは右上にあるアカウントアイコンをクリックして、その中にある設定をクリックのいずれかを操作します。

YouTubeトップ画面から「設定」をクリック。操作方法は2通りあるのでどちらでも好きな方で操作すればOK
YouTubeトップ画面から「設定」をクリック。操作方法は2通りあるのでどちらでも好きな方で操作すればOK

画面が変わったら チャンネルをすべて表示するか、新しいチャンネルを作成する という箇所があるのでクリックします。

アカウント内の「チャンネルをすべて表示するか、新しいチャンネルを作成する」をクリック

「新しいチャンネルを作成」という項目が表示されますので、クリックしてください。

「新しいチャンネルを作成」ボタンをクリックする

すると、新しいチャンネルを作成するには、ブランド アカウントを作成してください という項目が表示されます。

ブランドアカウントを入力する画面

この中に入力するものがそのままチャンネル名に設定されるため、ご自身で作成したいチャンネル名を入力し「作成」ボタンをクリックします。

新規チャンネルが作成されて、表示された画面

新規作成されると、チャンネル名以外全てブランク(カラ)のチャンネルが表示されます。

これで新規のチャンネル作成(ブランドアカウント作成)は完了です。

YouTubeブランドアカウントを削除する方法

今度は例えば誤って作成してしまったチャンネル(ブランドアカウント)を削除する方法についてご案内します。

最初に念のため断っておきますが、チャンネルに紐づいているデータ(投稿動画、視聴者数、登録者、新規作成や登録した再生リスト、視聴履歴など)は全て削除されますので、削除するチャンネルを再三確認しながら操作するようにしてください。

まず初めは普通にYouTubeのトップ画面にアクセス。

新規チャンネル作成と同じ動作となりますので、以下の画像の方法どちらでも好きな方法で「設定」画面に進みます

新規チャンネル作成と同様の画面操作。「設定」に進めばOK

切り替わった画面の中に 運営者の追加または削除(②)という項目がありますのでクリックします。

アカウント内の「運営者の追加または削除」をクリック
①に表示されているチャンネル名の削除で問題ないか確認すること

その際、チャンネルの項目に表示されているチャンネル名(①)が、今回削除するチャンネル名かどうかしっかり確認してください。


ちなみにチャンネル削除の操作を、Googleアカウントのチャンネルで操作しようとすると、上記した「運営者の追加または削除」という項目は表示されません。

Googleアカウントに紐づいたチャンネルで削除しようとしても、「運営者の追加または削除」という表示が出ない
Googleアカウントに紐づいたチャンネルでは「運営者の追加または削除」という表示が出ない

画面上の最下段の項目には アカウント設定を確認または変更する という項目が表示されます。

つまりこの表示が出ている画面はGoogleアカウントで接続しているアカウントという事で、削除は出来ません。

削除するチャンネルを再度選択するか、内容を変更する操作をしましょう。


改めてチャンネル削除の操作解説に戻ります。

先の 運営者の追加または削除(②)をクリックすると、ブランド アカウントの詳細画面が表示されます。

ブランド アカウントの詳細画面

ここでも削除されるチャンネル名が表示されますので、確認し問題なければ画面下にある「アカウントの削除」をクリックします。

チャンネル削除に伴う、Googleパスワードの入力画面

チャンネルの削除に際してGoogleのパスワード入力を求められますので、パスワードを入力して「次へ」をクリック。

画面が「 削除されるチャンネル名 の削除」の画面に変わります。

削除するチャンネルの最終確認画面

①の箇所に削除されるチャンネル名が表示されますので、本当に削除して問題ないチャンネルか、改めて確認ください。

画面内の注意事項として、

【注意・確認事項】
チャンネルに紐づいているデータ(投稿動画、視聴者数、登録者、登録や新規作成した再生リスト、視聴履歴など)は全て削除されます。

この削除操作をした後に、データを復旧する事はできません。

このような内容が表示されます。

画面に表示されている内容をご自身で再度確認ください

問題がなければ、②の□にチェックを入力し「アカウントを削除」をクリック。

これでチャンネルの削除操作は完了です。


上記削除操作は自己責任です!当サイトの情報及び内容は削除されるデータ及びYouTubeとは何ら関係はありませんのでご注意ください。

YouTubeチャンネルの新規作成と削除の方法:まとめ

今回の記事の内容を簡単にまとめます。

GoogleアカウントでYouTubeチャンネルを新規作成して運営する場合の注意点

・チャンネルの名前がGoogleに登録した氏名になってしまう

・チャンネルのURLがGoogleアカウント(Gmailのメールアドレス)になる

・作成した再生リストと登録した再生リストがチャンネルに表示される

YouTubeのチャンネル(ブランドアカウント)を新規作成する方法

YouTubeトップ画面 → 設定 → チャンネルをすべて表示するか、新しいチャンネルを作成する → 新しいチャンネルを作成 → 新規ブランドアカウント名を入力する → 作成ボタン

YouTubeのチャンネル(ブランドアカウント)の削除方法

YouTubeトップ画面 → 設定 → 管理者の追加または削除 → アカウントの削除 → Googleのパスワードを入力 → 次へ → チェックボタン2か所をクリック → アカウントを削除

次回は 元のチャンネルに登録された全てのデータを別のチャンネルに移行する操作 について紹介します。

YouTubeチャンネルデータをブランドアカウントに一括移行する方法

YouTubeチャンネルデータをブランドアカウントに一括移行する方法

2019年3月24日

実際にやってみましたが、移行して便利な事と不便な事とがありましたので、詳細確認して分かりやすくお伝えできるように努力します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。